2011年10月27日木曜日

自転車その後、、、歯飛びは直るのか!?



前々回、自転車のチェーンの歯飛び(チェーンがギヤとかみ合わずにすべる症状)に関して書きましたが、その続きです。

後輪のスプロケットを交換して貰い、ピッカピッカに!





よっし、これでOKと思って試し乗りさせて貰うと、、、

確かに今までよりは断然歯飛びが無くなったのですが、

どうもまだよく使う前の真ん中のギヤにすると、歯飛びが起こるのです。

げっ、やっぱだめなのか、、、

自転車屋のあさひの店員さんに症状を話して乗って貰うと、これは前の歯車も摩耗してますね、、、

とのことでした。

実際見てみると、、、






頻繁に使っていた真ん中のギヤの歯が、サメの歯のようになっていて、他のギヤは台形をしています。

これも取り換えないと、歯飛びは直りませんね、、、

とのことでした。

そうかぁー、前の歯車もダメになっていたか。。。


よし、でもどうせ交換するなら、今まで思ってきたことを実行しようと思い立ちました。

それは、今までのギヤだとどうも、速い速度のギヤがもう一つ足りないと感じていたので、

早い速度のギヤ(重いギヤ)を増やす、つまり前のギヤの歯数を多いものと交換することをお願いしてみました。


店員さんが見た所、このような状態だと、クランクとBB(ハブ)もそのうちガタが来るだろうから一緒に取り換えた方がいいとのことでした。

歯車だけの交換と700円ほどしか変わらないとのことですし、

この際、一気にクランク・BBごとギヤを総取り替えすることにしました。

(工賃込みで13000円くらいかかったぞ!)


モノが届いてつけて貰ったのがコチラ↓







この美しい歯車の輝きを見よ!

歯飛びは勿論なくなり、ギヤ比も大きくなったので、更なる高速走行が可能になりました。

スゲーー!


そしてこの際ついでに、、、





ペダルも替えちゃいました!

ちょっとおしゃれに車体と同じ系統のブルーです。






これは別の自転車屋さんで目につけていたもので、購入して(1990円)自分でその場で工具を借りてつけさせて貰いました。

ちょっとした遊び心のつもりでつけたのですが、このペダル、形がいいのか、靴に吸いつくようなフィット感で、

力の伝導が半端なくイイのです。

ペダルについてるギザギザの突起物と、ふつうのペダルより大きく楕円状になっているのがいいようで、

漕ぐと、ガンガン進むのです!


スンゲー、これスゲーよ!

ペダルを交換するだけでここまで違うか!?と人生で新たな発見でした(大げさか!)


そんなこんなで、更にパワーアップした青きチャリダーは風をきって今日も行くのであります。






As people say,

Don't push your luck!


調子に乗らないように、安全運転で行きたいと思ってます。


おしまい


2 件のコメント:

吉田哲也 さんのコメント...

こんにちは、セミ坊主ともうします。歯飛びで検索して彦兵衛さんのブログに行き当たりました。自分も同じような症状なのですが、前のギア磨耗も関係しているというのが不思議でなりません。それは前のギアも歯飛びをしていたということなのですか?それとも前のギアが磨耗していると後ろのギアが歯飛びするのでしょうか。自転車にはそれほど詳しくないので教えてください。

彦兵衛 さんのコメント...

セミ坊主さんこんにちは。

前のブログと合わせて読んで貰うと分かると思いますが、私の場合は、チェーンの交換→歯飛び→後輪ギヤ交換→歯飛び少しあり→前輪ギヤ交換という順番でした。

後輪のギヤを替えた後の歯飛びは漕いでいる実感としては後ろのギヤでづれている感覚だったのですが、実際は前のギヤの上で滑っていたようです。

まずギヤの歯をよく観察されて、削れてると思われる方(前か後ろ)を替えてみて、ダメだったら両方替えるということを考えてみてはどうでしょう。

しかしどちらかが削れているという事は、おそらく時期的に両方同じぐらい削れている可能性が高いので、何度も自転車屋に行く手間を考えたら、この際一緒に替えちゃうのがいいかもしれませんね。(チェーンも含めて)

こんなとこで宜しいでしょうか。