2018年6月21日木曜日

手塚治虫 火の鳥



いつも通っている図書館にマンガコーナーというのがあり、

何気なく覗いてみたら、文庫版の手塚治虫のマンガがいくつか置いてありました。

おー、なんか懐かしいにおいがする、、

とペラペラめくってみたところ、知らない話だったので

イスに座って一気に読んでしまいました。


小、中学生の頃、よく行っていた藤沢の図書館にも手塚治虫のマンガがあり、

テスト前とかにも関わらずよく読んでいましたが(笑)、

手塚治虫といえば、火の鳥というシリーズがありました。

「火の鳥」は鳳凰編、乱世編、など色々なバージョンがあり、

自分は果たしてあれをすべて読んだのだろうか、、

とふと思いました。


という訳で、アマゾンで火の鳥文庫版を全巻大人買いし、





いま読んでいる最中です。

まだ半分くらいですが、やはり未読の火の鳥があり、

おー、買ってよかった、、と思いました。


改めて、知っているストーリーも含めて読んでみると、

極めて深い、そして時間と空間、この世とあの世を超えた広大な視野の元に描かれていることに驚嘆しました。

なんなんだ、この人は、、、神か、、

そんな感慨を抱かされるストーリーです。

絵は、いまの作家の人たちに比べると稚拙なところがあり、昭和を感じさせる絵柄ですが、

その題材は、時代を超えて普遍的なテーマとなっており、今読んでも新しさを感じます。

手塚治虫氏はマンガの神と呼ばれていますが、本当の神の視座をもっておられるお方だ、、

と読んでいて感じます。

火の鳥は、その手塚治虫のライフワークと呼ばれており、一巻ずつ味わいながら、読んでいきたいと思っています。





2018年6月9日土曜日

皇居の中は、、 〔Inside Kokyo, the imperial palace in Tokyo... 〕



鳥取の旅から帰ってきた後、

横山大観の傑作

紅葉

を見るべく東京の美術館にいったことは書きましたが、

その行った美術館というのが東京国立美術館でした。

私はまだ2回ぐらいしかいったことがありません。


午前中に展示を見たのち、さーてお昼はどうしようかな、、

と思って東京の地図を見てみていたところ、

どうも皇居の中が公園になっていている様子。。

それなら、とお弁当を買って、その東京のど真ん中

皇居の中に繰り出してみました。


さすが皇居、入る前に警察による荷物のチェックがありましたが、

中はのんびりした時間が流れていました。






↑こんな景色を前に、木陰のベンチに腰かけてお弁当を食べました。







折角なので皇居内を散策。









木がうっそうと茂っているような場所もあり、







池もありました。














おぉ、なんかいいなぁ~、、。







池のふちに行ってみると、






向こうの橋の上で






外国人の女の子が色んなポーズを取りながら

写真をとっていました。

池の向こうからカメラで撮っているのでしょうね。









木立の中を歩いて行きます。







池のふちのツツジの方へ行ってみると、、







まだ女の子が色々なポーズを取っていました(笑)。




絵になりますね。














さっき女の子がいた橋を渡ってみます。







おぉー、いるいる、鯉がおるでぇ~、、。







でも、よく見ると、妙にひれが長い、、

なんじゃこれゃ、、。




 



説明を読むと、ヒレナガニシキゴイ

という交配した品種のようですね、、。

こんな鯉は初めて見ました。

金魚は色々な種類がいますが、

鯉もこんな種類がいるんですね、、。















池の縁を歩いてみました。。














アヤメが咲いている一画もあり、






つつじが満開に咲いている所もありました。






さすが江戸城跡、

立派な石垣が残っています。









これだけでも、かなり見ごたえあります。。




























私はマチュピチュに行ったことがありますが、

それに匹敵するぐらいのすばらしい石組です。

色々な形の石をよくここまでうまく組み合わせたものだ、、

と、見ていて感心してしまいます。。









敷地内には、ぶっとい巨木もありました。







これまた素晴らしい。。








まだ5月半ばでしたが、アジサイも綺麗に咲いていました。







バラ園なんかもあったりして。







展望台みたいになっているところがあったので

行ってみました。














まあ、そこそこ眺めが楽しめる。。







いやー、見ごたえ十分でした。

皇居の中がこんなになっているなんて今まで知りませんでした。

だいたいこれほど自由に入れるとは。。







こちらが出入口。














お堀の水が、静かに微笑みをたたえているように光っていました。。



おしまい





2018年6月6日水曜日

鳥取に行ってきましたー! ~最終章~ 足立美術館、そして、、



ひと通り目的の神社を参拝したのち、

日本で一番美しい庭園をもつという

足立美術館

にいきました。






連休の中日ということもあって、

駐車場は車、車、くるまでいっぱい。






↓こちらが入り口





建物に入り、

順路にしたがって進んでいくと、

絵と共に、庭の景色が目に飛び込んできました。















移動するごとに、窓から見える景色が変わります。。






















↑こちらのお方が庭園美術館をつくった足立さん?














まずもって、庭が広大!






ふつう遠くの山は借景ですが、

なんとなく敷地っぽいです。。














枯山水かと思いきや、ちゃんと池もあり、

色とりどりの錦鯉が泳いでいます。














私が一番気に入ったのは、この池のある風景かな、、。

餌をぱらぱら撒いて、鯉と遊べそうです。







↑窓からの景色がそのまま絵となっている↓














天気も良く、気持ちよく庭を鑑賞できました。






この庭園、四季折々で風景が変わり、

いついっても変化があって楽しめるようです。

よく考えたな~、、と思います。








で、肝心の絵画の方なのですが、

こちらもレベルが高く、とても楽しめました。


ただ一番見たいと思っていたコチラ↓


横山大観 『紅葉』

が展示されていず、残念、無念、、。

なんだよぉー、、って感じでしたが、

足立美術館自体は、楽しめる美術館、

ひとつのテーマパークみたいで、

これからはこういう方向に美術館もなっていくのかな、、

と思いました。人がたくさん集まるのも納得できます。


美術館ではポストカードを何枚かと、
















↓紅葉のハンカチを購入(笑)







これもって仕事にいくと、ちょっとテンション上がります。

人前で、わざとらしく、はらっと全体を広げてみたりして、、(笑)。


あとは、こんな色紙も買っちゃったりしました、、↓




不思議な雰囲気を醸し出しているセミの絵。。



さて、足立美術館のあとは、ずっと北の方にある鳥取の一の宮

倭文神社に行く予定にしていたのですが、

実際にナビに打ち込んで車を走らせると、

ゴールデンウイークの真っただ中ということもあり、

道路が激混み。

これゃ、行けても帰ってこれねーやー、、

と思い断念。神社はまたの機会にすることにしました。


こんなことなら、意宇六社を全部巡っとけばよかったー、、

と思うも、あとの祭り。。

まぁ、旅なんてこんなもんでしょう。


することもないので、米子の近くで温泉に入って時間を潰し、







緑のあるところに行って車を停め、

車内でぐーぐー昼寝して過ごしました。。


そして、はっと目覚めると、、なんと時間が、、、。





まってくれー、

オレはそれに乗らなきゃいけないんだー、、

と、鉄郎ばりに叫んじゃったりなんかして、、。






こちらは、米子駅前の鉄道のオブジェ。







999みたいで、ナカナカカッコ良いです。


あ、そうそう、

帰りは電車でなく夜行バスでした。。

(=´Д`=)ゞ てへへ


バスに乗る前に、

夕食を食べるべくうろついていると、






イオン様さまを発見!






こちらで見切り品のサラダと海鮮丼を購入し

腹を満たしました。。


で、無事夜行バスに乗って帰ってきました。


おしまい、

という訳です。



後日談ですが、

実はあの横山大観の紅葉は、実は東京に来ていたんですねー。




で、翌週の休みの日に東京に行ってガッツリ観てきました。

いやー、素晴らしかったです。

で、その美術館では、足立美術館で売ってなかった紅葉の右側のポストカードをゲット↓






いまは両方を並べてお部屋に飾っています。





ちょっと殿様気分。。






めでたし、めでたし、

これで鳥取の旅は本当におしまい。


<(_ _)>



参照: